リモワは一体どの部分が優れているのか?

リモワとはドイツで生み出された、非常に高級なスーツケースブランドです。

旅行や出張で空港へと向かうと、よく目に付くメタリックな質感に、タテの溝が加工されている、とても素敵なスーツケースです。自分も国内や海外旅行を行う際では、いつも愛用しており、非常に便利でオシャレな鞄であるので、凄く重宝しております。

リモワは機能やデザインへと、大変優れている、世界を代表する素晴らしいスーツケースです。但し別の有名メーカーと比較して、ずば抜けて人気がある訳ではありません。だからと言って、日本のメーカー側が作っている鞄と比べると、壊れやすい訳では決してないのすが、耐久性が高い訳でもありません。

リモワのスーツケースは重たくはないのですが、軽いと言う訳ではありません。

リモワの鞄とは、日本国内のメーカーが開発しているものと見比べて、凡そ2倍~3倍もの価格に設定されている、かなり高級な製品です。金額が倍額になっていても、機能面には大きな違いが殆どありません。高い値段により例え販売されていても、仕組みが長けている訳ではありません。リモワは非常に高機能で、絶大な人気を誇っている、魅力的なスーツケースですが、経済面を第一に考慮しると、日本製の商品の方が明らかにお得だと言えます。

リモワとは秘めている性能のみで、選んで行く鞄ではありません。リモワには構造や機能だけではない、持つ事によって必ず得られる、大きな喜びがあります。

近年大人気となっている、ドイツの有名なスーツケースメーカーである、リモワとはこんなブランド

リモワとは1898年に、ポール・モルシェック氏の力により、ドイツのケルンで設立された、伝統的な歴史があるスーツケース製作会社です。

自分は仕事の都合で、出張する事がかなり多いのですが、リモワの外装がとても気に入っている為、重要な書類や衣類を、この鞄の中へと毎回大切にしまって、目的地へと順調に向かっています。

経営がスタートされた当初では、お金持ちの方々に向けた、レザータイプの旅行鞄を、専門として作製しておりました。1930年を迎える事により、息子のリチャード氏へと、事業を全て任せました。

欧州全域が大変な革不足の状況にある中、リチャード氏は飛行機へと用いられていた、アルミニウムに大注目します。そうした流れから、1935年に突入する事で、アルミニウム製トランクを、見事に誕生させる経緯へと繋がりました。

1937年に入ると、以降では一般市場へと、事業を上手く広げて行きます。この後にはリモワのブランド名が、世界規模により浸透して行き、忽ち大人気となりました。

1950年を迎えると、リモワがアルミニウム合金(マグネシウム×アルミニウム)を取り入れた事で、耐久性能がもっと優れている、トパーズと呼ばれる製品を新たに作り出しました。トパーズとは、リモワを代表する定番商品として、現在もなお発売され続けています。トパーズを購入する人達が続出した為、その影響から大ヒット製品になりました。

この結果リモワは、優秀なスーツケース開発メーカーとして、トップクラスの座を常にキープしております。

リモワスーツケース参考WEBサイト

リモワスーツケース正規通販サイト

モンクレールのエスパドリーユでオシャレに決めよう

まだまだ人気が衰えないファッションアイテムと言えば、エスパドリーユですよね。

海外セレブもプライベートファッションでよく履いているのをパパラッチされています。

そんなエスパドリーユをモンクレールでも出していますので、それをつかったおしゃれな着こなしをご紹介しましょう。

エスパドリーユのカラーは爽やかで大人っぽくもガーリーにも決まるホワイトです。

まずはスポーティーさを与えたファッションにしましょう。

モンクレールでもあるスウェットパンツはグレーを選びます。

足首をちょっと見せる感じで裾を少し折り曲げて履くのもおしゃれに見えるポイントです。

そして、トップのインナーにはクロップドタンクトップの白を選びます。中にはちらっと見えた時にかっこよくなるように黒のスポブラをしておくとよいでしょう。

さらに上には黒いフィットしたジャケットを合わせれば、スポーティーフォーマルに決まります。

そして、もうちょっと女性的な感じに仕上げたいという方は、エスニック柄のショートパンツになったロンパースを1枚でさらっと着こなせば、まさに海外セレブのような着こなしになります。

もうちょっと大人風に着こなしたいというのであれば、選ぶロンパースはオールブラックのパンツタイプのものを選ぶと、足元はカジュアルですが、どこかセクシーに決まります。

髪型も今はやりの片側にすべてを流すか、うなじをきれいに見せるためにゆるくアップにすると女性的になります。

オリンピック公式ユニフォームから登山用まで幅広くカバーする質高いジャケットメーカーモンクレール

モンクレールのジャケットは日本では百貨店などで販売されています。

百貨店の正規のお店に行くときちんと正規品である証拠のカードが付けられており、安心して購入出来ます。

モンクレールはフランスで生まれ、今はイタリアのミラノに本社を構えるジャケットをメインに、でも他にも色んな洋服やアクセサリーなどを作っているアパレルメーカーです。

モンクレールのジャケットは質、デザイン共にかなり意識高く、オリンピックの公式フランス代表ユニフォームデザインメーカーにも選ばれた実績もあります。

モンクレールは女性向けのイメージがありそうですが、男性向けもかなりの数が取り揃えられています。

山登り用のジャケットブランドとしてもかなり有名で、数多くの登山家にも愛用されているブランドでもあり、そのジャケットの質の良さが伺えます。

モンクレールの着心地はかなり良く、夏ならジャケットを着て暑さを感じさせない通気性の良さが素晴らしく、冬物なら防寒性抜群ででも着膨れや不恰好になりにくく、美しいシルエットを保ってくれます。

そんなモンクレールのジャケットでこの夏日本人にかなり合いそうなのは、フローラルなお花のデザインが少しモダンな雰囲気になっているブルゾンです。

モンクレールというメーカーのデザイン性の高さも一目で分かりますし、質も最高級品のナイロン素材で丁寧に作られています。

買って後悔しないモンクレール

モンクレールとは、羽をまとっているように軽い、他のダウンとは比べ物にならないほど暖かく、しかもデザインがシンプルで程よくに流行を取り込み、へたれることがなく長持ちするのが特徴です。しかし高価です。「セレブやお金持ちが着ているダウンのブランド」といったイメージがあります。また、モンクレールの丸いマークが素敵です。

モンクレールのダウンを着ているすべての人が素敵にかっこよく見えるのではないでしょうか。毎年毎年、雑誌に紹介されるモンクレールを見ては興味を持ちます。そのたびに金額を見て諦め、他の好きなブランドの3、4万円のダウンコートを購入するを繰り返します。しかし、3、4万円でも5年買えば15~20万円です。これは、思いっ切って買ってみたほうがよいのでは、考えたのは昨年の秋です。

購入するにあたって、3つの条件があります。

1.色は無難な黒、流行のチャコ―ルグレーは避ける

2.デザインは決して流行にとらわれず、かつ上品なもの

3.丈はパンツにもスカートに合う長すぎず短かすぎない丈高価ですから「10年は着たい」。

そう思うならこの条件は必至です。12年前にルイビトンの財布は購入しましたが、今でも流行りすたりなく、まだ壊れることもなく使えていますから、そういった運命のダウンとするように考えています。しかし、昨年はそういったモンクレールに出会うことができなくて残念です。今年出るデザインに期待しています。

細身でおしゃれに着れるモンクレールのレディース

モンクレールはとてもおしゃれで斬新なデザインのダウンジャケットを色々と販売しています。メンズはよりおしゃれでダンディに着れる良質なダウンジャケットを販売しています。その価格は20万円前後ほどで買えるものが多く、よりスタイルをシャープに見せることができるデザインを提案しています。

メンズばかりではなく、レディースも色々と展開しています。女性らしい細身のデザインが多く、軽く、まるでダウンジャケットとは思えないほど気軽に着れる軽さのジャケットを多く販売しています。

着るととても軽く、まるで着ていないかのような軽さなのも驚く部分です。ダウンジャケットなのにお腹も出っ張らず、ウエストを引き締めた感じで格好良く着れてしまうところも良いところです。

そんなモンクレールのレディースのファッションには、もっと気軽に着れるダウンウェットがあります。このダウンウェットはちょっと肌寒いかなという日に着ることができる服で、まるでパーカーのように着れるのが特徴があります。

裏地やウエスト周りが白で、首周りも白いとなっています。他の部分がグレーになっていて、ツートンカラーがとても斬新でおしゃれです。気軽にパーカーのように着れて、しかもスポーティーに着こなすことができるのも魅力的なところです。とてもシャープな印象で、スタイルも格好良く見えます。

パンツルックにとても合い、ますますタウンに、ショッピングにと着れるのが嬉しいモンクレールのダウンジャケットです。

クリスチャンルブタンの歩みとレッドソールのデザインの起源

シューズデザイナーのクリスチャンルブタンは、幼い頃から靴のデッサンが好きだったといいます。
彼の父親は、家庭にいることが少なく、母親は、専業主婦だったためか、4人姉妹とルブタンで過ごすことが多かったでした。
女性に囲まれていた環境から、才能が発揮された様子です。
ヒールの高いデザインで、靴の底は真っ赤な色が特徴とされています。
1993年にデザインされた赤色の靴底は、「レッド・ソール」と呼ばれています。
女性の後ろ姿から、足元に華やかな差し色がされたように見えるポイントとなっています。
この赤い色は、ファッションショーでアシスタントが真っ赤なネイルをしていたのをヒントに、靴のデザインとして使用されたとしています。
中東への旅行がきっかけで、ノスタルジックな雰囲気の影響を受け、デザインに反映されたとも見受けられます。
ルブタンが直感で制作する、レッドソールの靴は、直営店でのみ購入が可能ということです。
2003年には、女性用のバッグを手がけ、2011年には男性用の靴もデザインされています。
有名女優にも人気のデザインで、その中でも浜崎あゆみは、豪華な自宅に何百足も置ける靴箱へ飾るように収納しています。
また、モナコのカロリーナ王女は、靴のデザインをレッドソールにした頃からの古い顧客です。
世界へ靴のデザインが発信されたきっかけは、マドンナが、ルブタンの靴を履いて映像に出たことからとされています。

クリスチャンルブタンで魅力的な大人女性に

若い頃は全身安価なチープシックなファッションで身を固めてもそれなりに見栄え良く過ごせましたが、
さすがにアラフォーになってしまうとそうもいかなくなってしまいます。
年齢に見合った質感重視で物を選ばないと、ただのイタい中高年になってしまう事に気がつきました。
上から下までハイファッションで全身揃えるのはお財布事情もあって実現する事が不可能でも、ポイントを絞って特別なおしゃれをする事は実現可能だと思います。
おしゃれは足元からとよく言われるように私の場合、特に重きを置いているのはヒール選びです。
たくさんのハイブランドがある中、抜きん出ているのはやはり、フランスブランドのクリスチャンルブタンのヒールでしょう。
改めてルブタンについて考えてみると、その魅力は細身フォルムと裏地に施された深紅色にあるように思います。
エレガントな女性を構築するに辺り、足元に負担がかからないコンフォートシューズというのは
一見足に優しくて親切のように思えても、女性のエレガントさを演出するには少々不向きなシルエットです。
かつてコルセットで腰を細くしてドレスを着ていた時代があったように、ルブタンはやはり
細身でなければならないのです。
それと同時に、情熱、愛、血をイメージしたと言われる裏地の深紅は、履く人の成熟した大人の一面を
覗かせることにピッタリなカラーです。通り過ぎた後の後ろ姿まで人々を魅了すること間違いなしです。
特別な人と特別な夜のために、私の“一生もの”はこれからもずっとクリスチャンルブタンです。