近年大人気となっている、ドイツの有名なスーツケースメーカーである、リモワとはこんなブランド

リモワとは1898年に、ポール・モルシェック氏の力により、ドイツのケルンで設立された、伝統的な歴史があるスーツケース製作会社です。

自分は仕事の都合で、出張する事がかなり多いのですが、リモワの外装がとても気に入っている為、重要な書類や衣類を、この鞄の中へと毎回大切にしまって、目的地へと順調に向かっています。

経営がスタートされた当初では、お金持ちの方々に向けた、レザータイプの旅行鞄を、専門として作製しておりました。1930年を迎える事により、息子のリチャード氏へと、事業を全て任せました。

欧州全域が大変な革不足の状況にある中、リチャード氏は飛行機へと用いられていた、アルミニウムに大注目します。そうした流れから、1935年に突入する事で、アルミニウム製トランクを、見事に誕生させる経緯へと繋がりました。

1937年に入ると、以降では一般市場へと、事業を上手く広げて行きます。この後にはリモワのブランド名が、世界規模により浸透して行き、忽ち大人気となりました。

1950年を迎えると、リモワがアルミニウム合金(マグネシウム×アルミニウム)を取り入れた事で、耐久性能がもっと優れている、トパーズと呼ばれる製品を新たに作り出しました。トパーズとは、リモワを代表する定番商品として、現在もなお発売され続けています。トパーズを購入する人達が続出した為、その影響から大ヒット製品になりました。

この結果リモワは、優秀なスーツケース開発メーカーとして、トップクラスの座を常にキープしております。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *